2012年09月12日

会計の分担

税理士事務所に申告などを依頼すると記帳をご自分で行えば顧問料が安くなりますよね。

ところが仕事の合間に記帳をするのは大変です。
そこで誰かに頼めないのか。

方法1
従業員さん(会計専門)を雇う


 この方法は規模の多い会社などではいいですが、コストがかなり掛かります。

方法2
一般の従業員さんにも会計をしてもらう。


 仕事のあいた時などに少し会計をしてもらう方法です。しかし、会社の財務状況が丸わかりになりかねない問題が有ります。

方法3
会計を分担する

下の図のような形になります。
 バイトの方など→ 経費の支出のみを入力していただく。売上や通帳の入力と違う
             経費入力専門のファイルを使うと簡単です。

             経費の月の合計がわかる程度で売上等は別管理しますので財務状況は漏れません。

             または、エクセルの表を作ってもらう方法もあります。
            (このエクセルを会計ソフトにインポートします)

 売上 → これは、社長、店主さんが管理、集計してください。

 通帳 → インターネットバンキングの通帳をCSVにエクスポートするサービスがあります。
        (ほぼ、どの銀行のインターネットバンキングでもしています)

         設定をきちんとするとインポートで通帳の入力をぐっと楽に出来ます。

 ご興味があればご相談くださいませ。

201208_24_86_e0284686_13464538[1].jpg
posted by まゆまゆ at 13:50| Comment(0) | 決算、会計、その他仕事合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲ページトップへ