2015年12月21日

年末調整における書類の回収をスムーズにする方法3つ

年末調整シーズンになりました。 
従業員の皆さんから必要な書類は集められましたか。



 年末調整資料です。毎年厚い封筒で着ます。
会社によっては4枚つづりの源泉徴収票等いらない書類もあります。
申告書にあるような「来年から送付不要」という欄があればいいですね。

151218_1640-01.jpg

🌑書類を早く集めるためには?



🌓 用紙が来た頃に声掛けをしてみる

 生命保険の控除証明書などは10月ぐらいから郵送で送られてきます。

 10月ぐらいに
「生命保険の控除証明書、年末調整に取っておいてね」
等と一度声掛けをされると随分保管率が違いました。

🌕年末調整のお知らせを文書で渡す(期限も付ける)

 12月になってから年末調整のお知らせを扶養控除等(異動)申告書などと一緒に渡し、何が必要かを箇条書きする。

 期限を決めてそれを超えると基礎控除だけで年末調整をするとして、それ以上の控除を受けるには確定申告をしてもらうよう明記する。

文例

年末調整に必要な書類等

用意していただくもの

1.     給与取得者の扶養控除等(異動)申告書(税務署から来た用紙のうち 扶と書いているもの)

2.      給与取得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書扶養家族のいる方はその方の年収も書いてください。(税務署から来た用紙のうち 保・配特と書いているもの)

3.      生命保険の控除証明書(保険会社からくる葉書等)

4.      地震保険控除証明書(保険会社からくる葉書等)

5.      国民年金等の領収証原本

6.      小規模企業共済の支払証明書

7.      前の職場の源泉徴収票

8.      住宅ローン控除の残高証明書

9.      住宅ローン控除の特別控除証明書(税務署から送られた書類)

   3以下のものはなければ結構です。

わかりにくいところがありましたら担当まで問い合わせてください。


 提出期限は、 〇月〇日です。


それを過ぎるとそれ以上の控除がないものとして年末調整することがありますのでご了承ください。



🌔その場で記入してもらい、集める
 年末調整に最低限必要なものは給与所得者の扶養控除等(異動)申告書です。
〇の中に扶 とある書類です。
 こちらの書類は
まるふ.jpg
 扶養家族(16歳未満含む)のおられない方については、この赤枠の中を埋めていただいたら完成です。
名前、郵便番号、住所、生年月日、世帯主、その関係
 これらならその場で書けますね。
 マイナンバーがあると番号を記入したり、本人確認などが必要ですが、一度マイナンバーをもらうと次の年はそれを使えます。
 この用紙をその場で書いて、提出してもらえます。
ラベル:税金 会計
posted by まゆまゆ at 16:28| 所得税,源泉所得税,住民税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ