2016年01月18日

源泉所得税徴収高計算書のペイジー(ATM)での納付

 源泉所得税の納期の特例を適用されている方は納期限が近づいています。

 窓口まで行って納付するのが大変だという方はETAXを使って納付をすることも可能です。

方法としては
1)ダイレクト納付
2)インターネットバンキングでのペイジー納付
3)ATMでペイジー

があります。

1)のダイレクト納付は事前登録が必要です。

いきなりするには、2)のインターネットバンキングでのペイジーか3)のATMでのペイジーが必要です。

 インターネットバンキングをされていない方は3)のATMの方法ですね。
この方法あまり使ったことがないのですが、銀行窓口に行くのに時間がなく(15時で閉まりますね)、税務署に行くのもちょっとというときに役に立ちます。

🌑初めに必要なもの
1)利用者識別番号、パスワードが記録しているもの
2)納税確認番号(6桁の番号です。もし、利用者識別番号を取るときに登録していなければ登録をしてください)

 納税確認番号の登録はETAXのホームページからできます。

🌔実際にやってみましょう
 国税庁ホームページのETAXのページから入ります。

etaxweb.png ETAXソフトweb版をクリック

etax2.png
利用者識別番号とパスワードでログイン

etax3.png
源泉所得税徴収高計算書の作成はこちらから
etax4.png

etax5.png
納付書と同じように記入してください。

次へボタンを押していきますと、送信画面が出てきます。
すでにログインしているので、もう一度利用者識別番号等を聞かれることもなく、送信ができます。

 そして、受付結果を確認すると次のような様式が出てきます

🌓ペイジーをしてみましょう
pay.jpg
納税に使うのは下の部分です。

ペイジーができるATMにgo!

🌙事前準備と注意

1)上の紙が必要です。打ち出すか、タブレットなどに保存してすぐに出せるようにしておきます。
2)新しいATMを選びましょう。具体的には、1文字訂正ができるものを。利用者識別番号を入力しますが、1文字訂正がなければ全部訂正をしなければなりません。16桁打ち直しはきついです。


 ATMでペイジーを選び、後は捜査の指示に従って進んでいきます。

 打ち間違えさえなく、事前準備ができていると意外に簡単にできます。

 間違えなく入力ができたら、お名前と、金額(先ほど電子で送信したもの)が画面に出てきます。

 すべての手順が終わればATMから、金額、お名前、税金支払いの手続きである旨の用紙が出てきます。
こちらは保管してください。

☀最後に

あまり土壇場ですると焦ります。一度、期限に余裕のある時にされると時間がないときに役に立つと思います。

posted by まゆまゆ at 13:30| 所得税,源泉所得税,住民税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ