2016年03月01日

領収書保管方法 よそはいかに?

 個人の確定申告書の提出期限まで15日を切りました。

 会計に使った領収証はどのように整理されていますか。

方法1
のりではる

 これが一番一般的な方法かもしれません。
スクラップブックやファイルに貼っていきます。コンパクトになりますが、はっきり言って面倒です。

方法2
電子保存
要件が緩和されました。

 ただ、まだ小規模事業所には敷居が高いかも、。

 タイムスタンプ(刻印されている時刻以前にその電子文書が存在していたこと(存在証明)と、その時刻以降、当該文書が改ざんされていないこと(非改ざん証明)を証明するもの)

 を備えた会計ソフトは少しコストがかかるし、要件を満たすスキャナも必要、また、2人以上でチェックすることも必要です。

方法B
A5縦ファイルに入れる

 実は私がとっている方法がこれです。

まずこのようなファイルを用意します。


あらゆる領収書をパンチで穴をあけ、A5ファイルに入れていきます。

DSC_0004.JPG

 このようにします。少々領収書が小さくても前後のものとのりやホチキスで止めて1個でも穴をあけ、はさんでいきます。

クレジットの領収証は
DSC_0003.JPG

 このように、ダウンロードしたクレジットカードの明細に綴じます。私はシュレッダーしやすいようにノリを使います。

🌕この方法のメリット
 一枚一枚ノリで貼るのでなく一度に複数の領収書をパンチで一気に処理できるのがいいと個人的に思っています。

 領収書の多い方は1か月に数冊に分かれるのがデメリットでしょうかね。
逆に1か月数冊このファイルが入用な会社は、スキャナによる領収書保管をされる方がコストが安いと思います。


 また、ファイルに入れた後、私は綴じた順番に入力をします(現金のみですが、預金はネットバンキングをインポートしているので必ずしもできません。

 すると、領収証を探すのも楽になります。仕訳番号順に大まかに並んでいるからです。




posted by まゆまゆ at 15:35| 決算、会計、その他仕事合理化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページトップへ